ご覧になりたい条件を選択して、検索ボタンをクリックしてください。

国公立・私立
大学名
学部系統
入試年度
出身高校エリア
卒業校舎
フリーワード

※一部ブラウザによっては、検索結果が正しく表示されない場合がございます。
正しく表示されない場合は、お手数ですが、各校舎ページより合格者をご参照ください。

今阪 豪樹

京都大学 理学部
今阪 豪樹

(膳所高校)

医・理・工・農学系近畿

2018年度入試合格者

甲西駅前校

映像授業だったので、分からない事があれば何度でも観ることができ、とても便利でした。また、河合塾マナビスを通じて他校の友達もできたので、疲れた時や悩んでる時にすごく助けられました。マナビスで学ぶ中で工夫したこととして、「予習」が挙げられます。私はマナビスの授業では、「予習」の中で「暗記」して、授業の中で「理解」する、ということを心がけていました。

好田 歩

東京大学 理科Ⅱ類
好田 歩

(国立高校)

医・理・工・農学系関東・甲信越

2018年度入試合格者

国立校

河合塾マナビスの良いところは、自分のペースで授業を受けられるところだと思います。高3生の10月から受験勉強をスタートなんて、普通に考えると完全におしまいだと思いますが、マナビスは自分次第でいくらでも急げるので助かりました。また、自分で計画を自由に立てられるのも気分屋の僕には非常にありがたかったです。マナビスに決めてよかった!

有馬 ゆみ

京都大学 農学部
有馬 ゆみ

(洗足学園高校)

医・理・工・農学系関東・甲信越

2018年度入試合格者

桜新町校

河合塾マナビスは他の塾と違い「何曜日の何時にどの授業を受けなければいけない」ということがなかったので、部活との両立がしやすいと思い選びました。学校の勉強もちゃんとしたいという気持ちも尊重してくれてありがたかったです。自習でも利用して勉強時間を確保できたことや、いつでも質問できる環境だったことが良かったと思います。アドバイザーさんと話すのも息抜きになって楽しかったです。ありがとうございました。

柿沼 優希

東京大学 文科二類
柿沼 優希

(稲毛高校)

人文科学系関東・甲信越

2018年度入試合格者

稲毛海岸校

河合塾マナビスの良いところは、自分の受講の内容、スケジュール、やり方の自由度が高いということです。受講プランが自分で立てられるので、集中的に受講に取り組む時期を設けたり、自習・復習に重点を置く時期を設けたりと、自分が必要だと思った形で受講することができました。また、マナビスのテキストは自習用・復習用資料が充実していて、受講が完了した12月以降には、受講内容の理解をさらに深め、発展させることができました。

正覚 裕輔

京都大学 農学部
正覚 裕輔

(修猷館)

医・理・工・農学系九州・沖縄

2018年度入試合格者

西新校

自分の学習状況をこまめに確認していただき、とても嬉しかったです。また、質問や進路のことなど気軽に相談できる雰囲気も良かったです。受験勉強は、体調管理も重要なので自分のペースをしっかりと作って取り組んでください。学力向上のためには、自分の弱点を見つけなくすことが大事です。間違えた問題を徹底的に復習しましょう!

髙栁 克将

東京大学 文科二類
髙栁 克将

(海城高校)

人文科学系関東・甲信越

2018年度入試合格者

桜新町校

河合塾マナビスの講座で定期的に様々な教科に触れることができたので、勉強する教科が偏らず、学力を上げることができたと思います。また、アドバイザーさんや友達と休憩中に話すことで、ストレスを解消しながら楽しく受験勉強をすることができました。僕は、高3の夏まで野球部に入っていましたが、部活後でもマナビスは開館しているので、勉強と部活の両立を上手く行えたと思います。本当にお世話になりました。ありがとうございました!

岡野 純也

東京大学 文科三類
岡野 純也

(小石川中等教育学校)

人文科学系関東・甲信越

2018年度入試合格者

巣鴨校

河合塾マナビスでは数学を受講しました。講座がレベル別に分かれているため無理なく実力を付けることができました。夏からは加えて東大の過去問講座を受講し、これにより東大の出題傾向と対策を自分のものにできたと思います。いずれにおいても、受講してそれで満足するのではなく、常に理解を重視して学習する姿勢を尊重していました。ただ漫然と学ぶのではなく主体的に学ぶ姿勢は、東大を目指してこそ得られたと思うし、これからの大学生活でも生かせるものだと思います。

柿原 龍太郎

東京大学 文科一類
柿原 龍太郎

(日比谷高校)

人文科学系関東・甲信越

2018年度入試合格者

王子駅前校

河合塾マナビスに通って良かったことは、授業の質が高かったにもかかわらず、学校で急な用事が入ったとしても、受講時間を変えられたことです。このことのおかげで自分のやるべき仕事と勉強を自分のペースで無理なく進めることができました。また、平日は午後10時まで自習室が開放されていたので、学校の用事で帰りが遅くなっても気力さえあれば、勉強ができたということも合格へとつながったのかなと思います。

上野 真之

東京大学 理科二類
上野 真之

(筑波大附属駒場高校)

医・理・工・農学系関東・甲信越

2018年度入試合格者

巣鴨校

河合塾マナビスは、長期休みに特に活用させていただきました。静かで集中できる環境が整っていたと思います。受験生へのアドバイスは、苦手科目は成績が上がるまで量をこなし続けて苦手意識をなくすことです。また、得意科目を2科目ぐらい作り、メンテナンスをすれば得点は安定してきます。やはり科目のバランスがとれていると合格しやすいと思うので、得意科目はさらに磨き、苦手科目は克服することが合格への近道です。

津田 修一朗

京都大学 工学部
津田 修一朗

(智辯学園和歌山高校)

医・理・工・農学系近畿

2018年度入試合格者

和歌山駅前校

河合塾マナビスでは、自分の実力や志望校に合った授業を自分のペースで受講することができたので、効率よく、着実に成績を上げることができました。『過去問研究講座』においては、合格するための戦略や、大学が受験生に求めていることをわかりやすく教えていただき、また、添削をしっかりしてもらえたので、答案作成において気をつけるべきことを学ぶことができました。

資料請求_エンド
  • 資料請求_spエンド
  • 校舎訪問申込_spエンド