ご覧になりたい条件を選択して、検索ボタンをクリックしてください。

国公立・私立
大学名
学部系統
入試年度
出身高校エリア
卒業校舎
フリーワード

※一部ブラウザによっては、検索結果が正しく表示されない場合がございます。
正しく表示されない場合は、お手数ですが、各校舎ページより合格者をご参照ください。

本郷 橘平

京都大学 工学部
本郷 橘平

(県立前橋高校)

医・理・工・農学系関東・甲信越

2019年度入試合格者

前橋校

マナビスで良かったと思う点は、やはり自分のペースに合わせて受講できるところです。特に、3年生の冬ころから受講し始めた大学別講座は、試験本番の形式に慣れたり自分の苦手な分野を再確認するという面でも非常に役に立ちました。後輩へのアドバイスとしては、僕は3年生になってから英単語や化学反応式を憶えるのに苦労したので、暗記分野は早い段階からやっておくことを推奨します。

五ノ井 杏

東京大学 文科三類
五ノ井 杏

(高志中等教育学校)

人文科学系関東・甲信越

2019年度入試合格者

新潟駅前校

夏休みなど、何日も連続で塾に通うと、憂鬱になることもありますが、アドバイザーの方々との挨拶や、ちょっとした雑談をすることで気持ちの切り替えができました。このアットホームな雰囲気のお陰で受験の苦しさが半減したように感じます。自由度の高さもマナビスの魅力の一つです。自分の予定に合わせて集中的に長時間取り組むことも、分割して取り組むこともできるため、時間に縛られることなく受験期のストレスも抑えられました。

稲葉 達郎

京都大学 工学部
稲葉 達郎

(向陽高校)

医・理・工・農学系中部

2019年度入試合格者

新瑞橋校

英語と国語の過去問や英作文の添削をしてもらえたのが個人的には一番助かりました。特に過去問研究には添削があることによって、自らの目標まであとどれくらいかを知ることができたのがとても良かったと思います。予習をし、講義を受け、復習することはもちろんのこと、自分に足りていないことをはっきりさせるための学習も重要だと思い、自分で勉強する時間を充分にとったことが成功だったのかなと思います。

酒井 春野

京都大学 経済学部
酒井 春野

(フェリス女学院)

社会科学系関東・甲信越

2019年度入試合格者

綱島校

今の気持ちを一言で表すと「 最高の達成感、満足です!」
自分に合った勉強の仕方を追及できるのが河合塾マナビスの良い所ではないでしょうか。学校で通史が終わるのが12月ギリギリすぎたので、早めに終わらせられたのは安心感が持てました。

鶴永わかば

東京大学 文科三類
鶴永わかば

(洗足学園高校)

人文科学系関東・甲信越

2019年度入試合格者

長津田校

私がマナビスに通って良かったと思った点は、スケジュールを自由に組み、自分のペースで受講することができたことです。そのため、長期休みに受講数を増やすなど、めりはりのある学習をすることができました。マナビスだったからこそ自主的に予定を立ててそれをこなしていく力が身につき、柔軟で効率的な受験勉強ができたと思っています。

天野 祐

京都大学 経済学部
天野 祐

(大分東明)

社会科学系九州・沖縄

2019年度入試合格者

大分駅前校

22時まで勉強できる環境、次に塾に来る予定を決めるシステムが良かったです。マナビスに入ってから勉強時間が大幅に増えました。勉強は飽きたら別の教科に変えて、良いパフォーマンスを継続できるようにしていました。予習は必ずやって、復習は答えを憶えるまでやるのか基本になっていました。

石井 洋一郎

東京大学 教養学部
石井 洋一郎

(東京学芸大学附属)

人文科学系関東・甲信越

2019年度入試合格者

経堂校

そもそもマナビスを選んだ理由は自宅に近く、受講時間が自由で部活と両立出来そうだったからである。部活は週3回+月1回の登山だったが、十分両立可能だった。加えて、授業は映像であるもののライブの授業と遜色なく、或いはそれ以上に分かりやすく、受験に必要な知識と実力を身につけることができた。しかしマナビスの学習で最重要なのは予習だ。画面中の講師は生徒が怠けても叱ってくれないため、自律して学ぶ気概は必須だ。

伊藤真有里

京都大学 理学部
伊藤真有里

(多治見北高校)

医・理・工・農学系中部

2019年度入試合格者

多治見校

マナビスの良いところは自分の予定に合わせて受講できることだと思っています。私は問題の数をこなすのが苦手で学校の課題に家庭学習の時間を全て使うことも多かったので早帰りの日や土日に受講をしていました。少しの問題をじっくりやる計画が私に合っていたと思います。受講の予定も変更でき満足に予習をしてから受講したのも学力向上につながったと思っています。

伊藤萌乃

京都大学 農学部
伊藤萌乃

(多治見北高校)

医・理・工・農学系中部

2019年度入試合格者

多治見校

私は平日毎日活動がある部活に入っていて帰宅時間をそれ以上遅くしたくなかったので、塾は無理だと思っていました。しかし春期講習だけと思って通ったマナビスで、引退までは週末だけで引退後に通塾回数を増やせばよいと言われて始めることにしました。実際、部活のある平日はマナビスに行けず、引退後はそれまでの部活の時間をマナビスに充てて、帰宅時間は変えませんでした。このように自分に合わせて学べたので、マナビスで良かったです。

音澤 吉之助

京都大学 法学部
音澤 吉之助

(四條畷高校)

人文科学系近畿

2019年度入試合格者

住道駅前校

マナビスで僕は英語の受講を中心にしていました。テキストの文章もよく練られていて、英作文も添削してくれるので良かったと思います。ここで大切なのは、特に長文の講座において、徹底的に復習することです。いたずらにたくさんの講座を消化するのではなく、例えば音読30回してから次の長文へ進むなどしてテキストを丸暗記してください。その際音声データも有効です。そうすれば自ずと成績は上がっていきます。