菅原 わかば

東北大学 文学部
菅原 わかばさん

(岩手県立水沢高校)

文・人文東北

2020年度入試合格者

水沢校

私はマナビス水沢校に通うことで、学習の習慣がついたと強く感じています。一年生のころから通っていて、まだクラスメイトが受験を意識できていないときから先を見据えた学習が進められました。英語が苦手だったので、アドバイザーへ質問しながら定期的に復習するようにしていました。
マナビスは主に学校や部活の帰りにそのまま受講していました。その後、自習ブースで学校の課題などを終わらせてから帰宅すれば、家に帰ってからの負担はぐっと減ると思います。私は昔から怠け癖があったので、『勉強している人がいる』空間はとても貴重でした。
合格までの道のりはとても険しいと思いますが、アドバイザーの方々からアドバイスを沢山頂いて、合格を目指して頑張ってほしいと思います!

渡邊拓登

宮城教育大学 教育
渡邊拓登さん

(水沢高校)

文・人文東北

2019年度入試合格者

水沢校

私は高校3年生になるときに河合塾マナビスに入会し受講をはじめました。マナビスの映像授業は90分という時間を効率よく用いて問題を解くといったものでした。特に英文法・語法レベル3・4と総合数学ⅠAⅡBレベル4は度重なる模試や本番の入試の前に見返すだけでも要点をまとめることができました。そして家や学校とは違い、より集中できる受講スペースの環境に後押しされ、自身の学習に集中することができました。仲間たちと良い雰囲気づくりをしながら目標に向かうことができ、自身の学力を上げることができました。

小関桜介

弘前大学 農学生命学部
小関桜介さん

(水沢高校)

農(獣・農・水)東北

2020年度入試合格者

水沢校

河合塾マナビスでは、主にセンター対策の授業を受けていました。センター試験に頻出の範囲を細かく分かりやすく説明してくれました。さらに映像授業なので聞き逃した部分を巻き戻せたりもするので、よく話を聞き逃してしまう僕でも安心して授業を受けられました。また、自分のペースに合わせて受講の予定を組めるのでとても利用しやすいです。
受講後の復習は入試日が近づくほどとても大事になってきます。その場で理解したつもりでも瞬間の記憶はすぐに消えていきます。その日の夜、1週間後、1か月後と理解したことを思い出していくことで記憶に定着をさせました。僕はそれに気づくことが遅かったので、とても苦労をしました。
後輩の皆さんはマナビスの講座とアドバイザーの方々をフル活用して、前に進んでいってください!!!

及川紗英

福島県立医科大学 看護学部
及川紗英さん

(水沢高校)

保健東北

2020年度入試合格者

水沢校

私は高2生の12月にマナビスに入会し、苦手な英語と数学を中心に対策しました。自分の力を入れるべき教科がはっきりと分かり、勉強に取り掛かりやすくなりました。家での学習時間を確保できていなかったので、学校の昼休みにその日の予習をし、毎日マナビスに通うようにしました。映像授業は面白くて分かりやすく、楽しかったです。アドバイザーの皆さんは受講内容以外のこともアドバイスしてくださったり、二次対策も親身に対応してくださったり、大変心強かったです。
私は高3生の8月まで部活動に励んでいました。後輩の皆さんは、部活動で疲れていてもなんとか毎日勉強するよう意識して欲しいです。毎日の積み重ねが本当に大切なんだと改めて実感しました。苦しく長い受験勉強ですが、どんなことがあっても最後まで信じて粘り強く頑張ってください。

菊池桂吾

弘前大学 人文社会
菊池桂吾さん

(不来方高校)

文・人文東北

2019年度入試合格者

水沢校

2年生のころから受講を始め、学校の課題に加えて日々の学習のペースメーカーとして有効に活用することができました。成績が思ったように伸びない時期もありましたがアドバイザーの方に相談し、気持ちを整えて学習計画を立て直すこともできました。ただ1つ心残りだったことは、早期から具体的な計画を立てられなかったことです。これから受験勉強を始める方は、ぜひ早期から見通しを持った学習をし第一志望合格を掴みとってほしいです。