水島 龍汰

東北大学 農学部
水島 龍汰さん

(仙台第二高校)

医・理・工・農学系東北

2019年度入試合格者

上杉校

私は理科が苦手で、夏から物理、化学の講座を受けて基礎力も応用力も身に着けることができました。また、過去問の講座も二次試験対応力アップにつながりました。受けた講座の復習を怠らなかったことで知識を定着させることができたと思います。上杉校には私の志望校である東北大学の先輩方がたくさんいたので、先輩方から話を聞くことで勉強の方向性を考えたり、自分のやるべきことをより明確にすることができました。

相澤 悠太

東北大学 工学部
相澤 悠太さん

(仙台第二高校)

医・理・工・農学系東北

2019年度入試合格者

上杉校

マナビスに通っていて良かったことは、自分の苦手な分野を対策することができた点です。自分は英語の長文が苦手だったので重点的に演習し、それが合格につながったと思います。マナビスは映像授業なので止めたり繰り返し見ることができ、板書が遅い私にはとても良かったです。講座を受けた後に復習するのはもちろんですが、同じ分野の問題を解くのも効果的だと思います。

小山 未来

山形大学 医学部医学科
小山 未来さん

(仙台第二高校)

医学部・医学科東北

2019年度入試合格者

上杉校

アドバイザーの先生方には、講座の内容だけではなく、勉強のコツを教えていただいたり、目標点の設定とそれに向けてどうするか相談に乗っていただいたりと、とてもお世話になりました。マナビスの講座は一度聞くと自分は理解したつもりになるのですが、しばらくすると意外と忘れてしまうので、何度もノートやテキストを見直すようにしたり、場合によっては再受講も効果的だと思いました。

高橋 敬大

東京農工大学 工学部
高橋 敬大さん

(仙台第二高校)

医・理・工・農学系東北

2019年度入試合格者

上杉校

自分のやるべきこと、学力向上のために必要なことを自分で見定めて、確実にそれらをこなしていくこと。言いなりになってやるのではなく、自分の意志で決めたことをしっかりと最後までこなそうとすること。そのために塾を利用すること。これらのことを心掛けた。

相原 佑希

宮城大学 看護学部
相原 佑希さん

(仙台第三高校)

医・理・工・農学系東北

2019年度入試合格者

上杉校

自分や学校だけではもらえないような情報が得られたり、自分に合った学習計画がたてられました。1回1回何を理解して、何が理解不足なのかを知ることが大事だと思います。ただ画面に向かうだけでなく、自ら学ぶ姿勢を持ち続けるようにしていました。分からないことがあったら、どんなに小さいことでもいいので、アドバイザーの方たちに聞いたほうがいいです!ありがとうございました。

氏家 舞衣

中央大学 法学部
氏家 舞衣さん

(仙台第一高校)

社会科学系東北

2019年度入試合格者

上杉校

好きな時間に自分のニーズに合った質の高い授業が受けられることは映像授業の強みだと思います。ですが、受け身の姿勢では何も身につきません。しっかり予習復習をする、必要なことをメモする、講師の問いに自分なりの答えを持つ。そういった面では集団授業とさほど変わりません。授業はわかりやすく解説してくれるのでついわかった気になってしまいがちですが、「わかること」と「できること」はちがうということを意識していました。

吉田 慎太朗

宮城教育大学 教育学部
吉田 慎太朗さん

(宮城第一高校)

人文科学系東北

2019年度入試合格者

上杉校

苦手な科目を克服し、センター試験でも高得点を取ることができた。また、わからないところがあればすぐに質問ができるので、とても便利だった。自習室の環境も良く、集中することができた。マナビスに入って成績が上がったので、本当に良かったです。

山川 朝日

東海大学 海洋学部
山川 朝日さん

(仙台高校)

医・理・工・農学系東北

2019年度入試合格者

上杉校

アドバイザーの方たちが接しやすく、質問しやすい環境で学校の先生よりも個人的には良かったと思います。自分の場合はほぼ何もしていない状況からのスタートだったので、かなりしんどかった時もあったけれど、模試の成績が少しずつ上がっていったのが嬉しかったです。自分の志望する学部で役立つ科目を勉強していくとよいと思います。