渡邊 悠飛

名古屋大学 法学部
渡邊 悠飛さん

(名古屋大学教育学部附属高校)

法・政治中部

2020年度入試合格者

徳重校

私は二年生の二月に受けたセンター模試が六割だったことに危機感を持ち、入会しました。マナビスでは弱点であった英語を中心に学習し、夏には得点源にできました。夏からは過去問講座を活用し二次力を養いました。過去問の解説授業と添削にはとても大きな意味がありました。マナビスは授業の時間を自分で決められるので、センター演習と受講をバランスよく進めることが出来ました。現役で名古屋大学に合格させてくれたマナビスにはとても感謝しています。

西岡 巧徒

明治大学 総合数理学部
西岡 巧徒さん

(桜台高校)

中部

2020年度入試合格者

徳重校

毎日欠かさずマナビスに通うことで、高2生の頃から学習習慣が身に付きました。受験期に意識したことは、大学の雰囲気を感じるために実際に大学へ足を運んだり、インターネットで自分の得意科目を活かせる受験方式を調べたことです。また、月に1回遊びの予定を立てる事で集中力を維持し、勉強を頑張りました。受験勉強だけでなく、適度な息抜きはとても大切だと思いました。

中村 駿斗

愛知教育大学 教育学部
中村 駿斗さん

(天白高校)

教育中部

2020年度入試合格者

徳重校

僕の第一志望校はセンター重視だったので、センター対策の講座を中心に選択しました。マナビスの良い点は、素晴らしい授業を何回も受けることが出来るところです。僕は総合物理という講座を受講したのですが、一回受けただけでは全然身につかず、二回三回と再受講と復習を繰り返すことで問題がだんだん解けるようになりました。授業の内容を分かりやすくノートに書き、それを何回も復習することが大切だと思いました。

渡邉 奈央

愛知教育大学 教育学部
渡邉 奈央さん

(桜台高校)

教育中部

2020年度入試合格者

徳重校

学校帰りに河合塾マナビスへ通うことで、自然と毎日勉強する習慣が身に付きました。また、マナビスで他の受験生の真剣な姿を目にすることで、危機感も感じることができました。授業面では、私は英語長文が苦手だったのですが、受講と予習・復習をするうちに点が取れるようになり、感謝しています。マナビスのテキストは要点がしぼってあるので、効率よく知識を得ることができました。マナビス大好き!

三輪 帆香

愛知教育大学 教育学部
三輪 帆香さん

(瑞陵高校)

教育中部

2020年度入試合格者

徳重校

マナビスに通うことで、毎日勉強する癖がついたのが良かったです。疲れていても、マナビスに行けば周りが頑張っているから私も頑張ろうという気持ちになれました。講座は物理、化学、地理を何回か受講することで基礎を固めることができました。この方法は映像授業のマナビスだからこそできることなので、マナビスに入って良かったと思いました。

石村 聡

愛知教育大学 教育学部
石村 聡さん

(昭和高校)

教育中部

2020年度入試合格者

徳重校

マナビスに通うことで、学習サイクルが確立できたことが良かったです。苦手な教科でも、マナビスの授業を受けることで、予習→授業→復習というサイクルを意識せずにできました。僕は致命的だった国語をレベル1から行って、高2生のマーク模試で3割だったのをセンターまでに8割まで伸ばし、得点源にできました。苦手科目こそ、得点を伸ばすチャンスです。「為せば成る」、本当にこの通りです。何も考えずがむしゃらにやれば、必ず結果に結びつきます。

下島 遥花

愛知県立大学 教育福祉学部
下島 遥花さん

(桜台高校)

教育中部

2020年度入試合格者

徳重校

マナビスのアドバイザーの方々は、分からない問題はもちろん、勉強方法やどの教科を使って受験するか、大学のことについてなど、様々な相談に親身になって聞いてくれます。また、辛い時期、苦しい時期もありましたが、一緒に頑張ることのできる仲間やライバルが同じ空間にいたから乗り越えることができたと思っています。本当にマナビスに通って良かったです。マナビス大好き!

伊藤 菜摘

愛知県立大学 情報科学部
伊藤 菜摘さん

(桜台高校)

総合・環境・情報・人間中部

2020年度入試合格者

徳重校

河合塾マナビスに入るまでは毎日の学習習慣が全く無かったけれど、毎日マナビスに通って1講ずつ着実に受けていくことで、学習習慣もつくし学力も地道に上がると思いました。私は高3生の4月からマナビスに入って、みんなよりもスタートが遅かったけど、マナビスの講座のおかげで8月のマーク模試でかなり学力が上がったので、もう遅いと諦めないで努力すれば、合格は勝ちとれると思います。マナビスに通って良かったです。

吉兼 大雅

立命館大学 情報理工学部
吉兼 大雅さん

(愛知工業大学名電高校)

中部

2020年度入試合格者

徳重校

僕はサッカー部で、あまり勉強する時間がありませんでした。高二生の三月にマナビスに入会し、勉強と部活の両立ができるようになりました。マナビスの良かった点は、時間の融通が利くため予定が立てやすく、短期間に集中して勉強することができたところです。そのおかげで、効率的に勉強することが出来たと思います。第一志望に合格することが出来て本当に良かったです。ありがとうございました。

小林 直生

南山大学 経済学部
小林 直生さん

(東海学園高校)

経済・経営・商中部

2020年度入試合格者

徳重校

河合塾マナビスの良いところは、映像授業なので自分のペースで授業を進められるところです。僕はマナビスに入会し受験勉強を始めたのが高3生の4月で、あまり早いスタートではありませんでした。しかし、いつまでにどの範囲を終わらせ、どのタイミングで復習するのか事前に計画することを心がけた結果、伸び悩んだ時期もありましたが、計画通りに進めて何度も諦めずに復習することで現役合格することが出来ました。

内山 哉人

筑波大学 理工学群
内山 哉人さん

(昭和高校)

中部

2019年度入試合格者

徳重校

勉強と部活を両立させていく上で最も大切なことは、片方が失敗したときにもう一方を言い訳に使わないということです。マナビスは自分のペースで受講できて部活との両立がしやすく、自習室もあるので部活後に少し勉強したりとかも出来ます。マナビスの恵まれた環境を最大限に活用して、効率の良い受験勉強をやり遂げることが出来ました。

田中 祐哉

名古屋工業大学 工学部
田中 祐哉さん

(桜台高校)

中部

2019年度入試合格者

徳重校

マナビスに通ったおかげで、苦手だった英語を克服することができました。部活がある日でも、とりあえずマナビスに行って少しでも勉強をすることが大切だと思います。それによって、引退してからもマナビスに行くことを習慣づけることができました。マナビスのブース環境はとても緊張感があり、試験会場と似た雰囲気で勉強することができるためとても良いと思います。

武田 和真

名古屋工業大学 工学部
武田 和真さん

(愛知教育大学附属高校)

中部

2019年度入試合格者

徳重校

マナビスに通って、学習習慣がつきました。そして、勉強が嫌でなくなり、能動的に勉強が出来るようになりました。「総合数学ⅠAⅡB(レベル5)」、「総合数学Ⅲ(レベル4)」、「総合物理」は、本当にためになりました。公式の根本、どうすれば解法が思いつくかを丁寧に教えていただきました。最後に、今まで支えてくださった方々に感謝します。ありがとうございました。

岸本 清加

名古屋市立大学 看護学部
岸本 清加さん

(千種高校)

中部

2019年度入試合格者

徳重校

マナビスに通うことで、学習習慣がつきました。私は家では勉強ができなかったので、なるべく毎日マナビスに通うようにしていました。部活があるなかでも、毎日通うことが大切だと思います。そして、授業は集中した状態で1講すべてを必ず受講するようにしていました。途中から見たり、何度も巻き戻して見たり、自分が納得するまで見ることができるところが良かったです。

澤田 優弘

愛知教育大学 教育学部
澤田 優弘さん

(東郷高校)

文・人文中部

2019年度入試合格者

徳重校

センター試験は合計点の勝負です。私は極端に苦手だった英語を足を引っ張らない程度まで上げて、残りの4教科で得点を稼ぐ計画を立て、講座を決めました。授業後の復習で演習問題を自力で解けるまでにしていると、模試の成績は好きな科目の生物を筆頭に、かなり上がりました。それが励みとなり、嫌いな英語も最後まで頑張ることができました。