お近くの校舎を探す

園田 英登

名古屋大学 法学部
園田 英登さん

(向陽高校)

社会・国際中部

2019年度入試合格者

御器所校

マナビスの良さは、第一に講座選択の自由度の高さです。僕は二次、センターで配点の高い英語、苦手だった古典、小論文の講座を主に取りました。押しつけられるのではなく、こうした自分に合った講座選択が効率的な学習につながりました。第二に、一つ一つの講座の質の高さです。特に国公立英語はわかりやすく、センター、二次試験の高得点につながったと思います。受験生のみなさん、自分の力を信じて頑張って下さい。

脇田 悟史

名古屋大学 工学部
脇田 悟史さん

(瑞陵高校)

中部

2019年度入試合格者

御器所校

同じ授業を何度も視聴することができたので一度ではわからなかったことを繰り返し確認して理解することができました。それでもわからなかったことはすぐにアドバイザーに質問することができたのでひとつひとつの講座を完璧にすることができました。学校帰りにマナビスに寄って勉強することができたので早い時期から勉強する習慣ができました。

都島 佳也乃

首都大学東京 人文社会
都島 佳也乃さん

(明和高校)

社会・国際中部

2019年度入試合格者

御器所校

マナビスの講座は自分の学力レベルとか志望校レベルに合ったものを選べるし、映像授業なので聞き直したい所は戻って聞き直せるのが良かったです。わからない所があった時はアドバイザーさんに聞いて解決できて助かりました。私は人と一緒に勉強するのは集中できなくて苦手だったので、個別に分かれてて一人で集中できる受講ブースや自習スペースはとても勉強しやすかったです。

青木 千尋

名古屋市立大学 人文社会学部
青木 千尋さん

(千種高校)

社会・国際中部

2019年度入試合格者

御器所校

実際に大学に通っているアシスタントアドバイザーから話を聞けることが大きなメリットだと思います。大学のパンフレットだけでは分からないことをすぐに聞けるので志望校を決める時にとてもありがたかったです。また、私の通っていた学科はプレゼンやスピーチが多く、その準備で忙しい時でも自分のペースで学習が進められたので、忙しい人に向いていると思います。

加藤 敦也

三重大学 人文学部
加藤 敦也さん

(桜台)

社会・国際中部

2019年度入試合格者

御器所校

僕は、部活を7月半ばまでやっていて、周りよりスタートが遅かったので、何でもかんでも手をつけるのではなく、特に苦手な分野や単元を1つずつ潰していくことを心がけた。中学の同級生が塾に数人いたので勉強のモチベーションを保つことができたし良い気分転換にもなった。自分のペースで勉強を進められる環境が整っていたので最後まで頑張れたと思う。

後藤 千颯

南山大学 理工学部
後藤 千颯さん

(名古屋西)

中部

2019年度入試合格者

御器所校

僕は3年生の5月からマナビスに入りました。毎日閉館時間までいることを目標に来ました。1学期に勉強の習慣をつけることができたので2、3学期に苦労することがなく勉強を続けることができました。中学校の同級生が多かったので、分からないところを教えあったり、問題を出し合って、マナビスに行くことに楽しみを持ちました。

堤 翔太

南山大学 国際教養
堤 翔太さん

(尾北高校)

社会・国際中部

2019年度入試合格者

御器所校

自習室が塾の開いている時間いつでも使える、かつテキストレベルが自分に合わせられるという点は非常にgoodでした。僕は基本的に前者を最大限に活用して入塾した9月から受験最終日までの日数の90%は僅かな時間でも塾で木製の机と睨めっこしてました。そんな感じで延々と自習していたら受験日という自習室以外の所に行ける日がご褒美に思えてきました。こうすることで本番はリラックス、加えてワクワクした気持ちでむかえられました。

高木 優羽

南山大学 経済学部
高木 優羽さん

(天白高校)

社会・国際中部

2019年度入試合格者

御器所校

高2生のときから指定校推薦を考えていて映像授業のためテスト前には講座を減らしたり、定期テストに集中することができた。英語が苦手だったため、英文法・語法のテキストの苦手なところを何度も解き直し、わからないところはもう一度映像を見て確認した。高2生のときは45分の講座しか見なくても、毎日通えるように心がけていたため、高3生になってからは普通に毎日通う習慣ができた。

平野 令子

上智大学 経済学部
平野 令子さん

(聖霊高校)

社会・国際中部

2019年度入試合格者

河合塾マナビスは、静かな環境の中で勉強でき、自分の日程に合わせて受講できるのでとても通いやすく、効率良い時間の使い方ができました。講座は自分の苦手な教科を重点的に受講し、だんだんと苦手意識が薄れていったと思います。また、予習・復習を欠かさずに行うことで、受講の質が高まり、より内容が定着していきました。チェックテストは時間を空けて再度取り組み、理解度を確認するように心がけました。

美濃羽 紗世

関西学院大学 経済学部
美濃羽 紗世さん

(名東高校)

社会・国際中部

2019年度入試合格者

御器所校

河合塾マナビスは学習環境がとても良く、自分で学習のスケジュールを立てて勉強できる点がとても通いやすかったです。講座は基礎から応用まで多くの知識や力を身につけることができ、得意科目はもちろん苦手科目も成績が上がりました。また同じものを何回でも受講できるところが良かったです。自分に合った勉強リズムを作ることができ、マナビスに通って本当に良かったと思います。

保田彩花

名古屋市立大学 人文社会学部
保田彩花さん

(瑞稜高校)

文・人文中部

2018年度入試合格者

御器所校

河合塾マナビスに通うようになって、まず一番変わったのが毎日の勉強の習慣がついたことです。そのため定期テストはクラストップ近くまで向上しました。そこである程度基礎力は身についたのではないかと思います。講座がなくても取り敢えず毎日来て自分が納得する勉強をできるようにすることが大切だと思うので、無理のない程度にマナビスを日常の一部にしていくことをおすすめします。

小原遼太郎

名古屋工業大学 工学部
小原遼太郎さん

(昭和高校)

中部

2018年度入試合格者

御器所校

河合塾マナビスに入って良かったと思うことは、講座がとても充実していて、わかりやすい解説や、質問対応をして下さるアシスタントアドバイザーの方々など勉強する環境が整っていたことです。部活で忙しかった時でも、自分のできる範囲で勉強習慣を身につけることができました。また、お互いに励まし合いながら、共に勉強した友人がいたことで、つらい受験勉強にも耐えて合格を勝ち取ることができたと思います。

稲葉 瑛美

名古屋大学 医学部
稲葉 瑛美さん

(向陽高校)

中部

2018年度入試合格者

御器所校

私は河合塾マナビスに高1生のときに入りました。その頃は部活をしていたので、自分の都合のいい時間に塾で授業を受けられるのはとても便利だと思いました。また、自習ブースが仕切られていて、周りの人たちが気にならないで勉強できるのもいいと思いました。自分にあった時間や環境で勉強できることは勉強を続けるのに必要なことだと思うので、皆さんにも頑張ってほしいです。

時田菜々子

青山学院大学 文学部
時田菜々子さん

(向陽高校)

文・人文中部

2018年度入試合格者

御器所校

中学までは集団で対面の塾に通っていたのだが、自分のペースで進めていきたいと思ったので河合塾マナビスに入塾しました。理解できなかったら巻き戻せること、何度も同じ講座を見ることで自然と定着すること、そして自分に足りないことを徹底的に勉強できるところが強味だと思います。勉強と休憩の切り替えがはっきりしていて、本番が近づくにつれ増える不安を共有できるご飯の時間はとても支えになりました。

堀春佳

東京外国語大学 言語文化学部
堀春佳さん

(桜台高校)

文・人文中部

2018年度入試合格者

御器所校

いつも、アドバイザーの方や友だちが塾にいたので、孤独とは思ったことはありませんでした。部活も急がしかったので、自分のペースで勉強できたことがとても大きかったです。教材は、できるときに一気にやっていました。復習も大事にしたかったので、できなかった問題を何回も解きなおしていました。