中田 光星

大阪大学 工学部
中田 光星さん

(守山高校)

医・理・工・農学系近畿

2019年度入試合格者

守山校

高校の授業では、特に数学と物理がつまづいていたのですが、マナビスでは基礎の基礎から学べて、学校では解消できなかった疑問がなくなっていくのを感じました。マナビスで土台を確認し、丁寧に積み上げたことで、その後の発展的な内容が理解できました。どの講座もできるだけ多くのことを伝えようとしてくれています。その全てを吸収できるように復習を重ねれば、新たな問題を解くキッカケになるのは確実です。

藤澤 瞭

神戸大学 経営学部
藤澤 瞭さん

(守山高校)

社会科学系近畿

2019年度入試合格者

守山校

マナビスに通っていちばん良かったことは、講座を受ける時間を自由に設定できたことです。そのおかげで予習と復習の時間もしっかり取ったうえで無理することなく自分のペースで勉強を進めることができ、ストレスが少なかったように思います。ただ、講座を溜めてしまうと後で大変な目に合うことになるので、予定をしっかり立ててちゃんと遂行することが大事です。

北中 樹哉

大阪市立大学 商学部
北中 樹哉さん

(守山高校)

社会科学系近畿

2019年度入試合格者

守山校

映像授業を通して、質の高い授業を受けることができて学力の伸長を実感できてよかった。基礎の講座を徹底的に復習することが大切だと思った。どの二次試験の問題も、基本が合わさってできているので基礎固めをしっかりするべきだと思った。自分の課題を見つめなおして勉強していくのが大切だと改めて感じた。

大橋 加奈

滋賀県立大学 人間看護
大橋 加奈さん

(守山高校)

医・理・工・農学系近畿

2019年度入試合格者

守山校

守山校は、楽しく通うことができる塾でした。アシスタントアドバイザーさんが気さくに話しかけてくれたり、友達も多く通っていたりしたので、相談もしやすかったです。映像授業なので分かりにくいところを戻り何回も見ることができるところがいちばんのいい点です。マナビスに通っていなかったら、ずっと怠けたままだったと思います。本当に入ってよかったです。

髙田 翔椰

滋賀大学 教育学部
髙田 翔椰さん

(草津東高校)

人文科学系近畿

2019年度入試合格者

守山校

勉強時間を長時間にするという切り替えと苦手な数学への行き詰まりを感じていた時にマナビスを始めました。気さくなアドバイザーさんや、勉強、進路プランを親身に相談にのってくださる先生、特によかったのは、自分の受講したいときに受けられるスタイルでした。自分に合ったペースを作りやすかったです。受講のリズムを調整しながら確立し、苦手な科目は受講で補うというところが自分には合っていました。

藤田 みつき

立命館大学 理工学部
藤田 みつきさん

(石山)

医・理・工・農学系近畿

2019年度入試合格者

守山校

私は復習を大切にしていました。その日に受ける授業の前に、前のコマや3つ4つ前のコマを解きなおして、分からなかったところは授業を見返しました。つまづいたところだけを何度も見返せるので、マナビスにしてよかったなと思いました。復習を繰り返すことで定着していき、前に分からなかったことやあやふやだったところが少しずつ理解できるようになりました。理解が深まることで応用問題も少しずつ方針が立つようになって楽しかったです。

平山 裕太

同志社大学 商学部
平山 裕太さん

(守山)

社会科学系近畿

2019年度入試合格者

守山校

勉強するときは集中できる教室でカリカリして、休憩するときは友達とワイワイして、とてもいい環境でした。ロッカーの中は見やすいようにいつも綺麗にしていました。携帯は家に持って帰ると必要以上に触ってしまうので、金曜の夜以外はずっとロッカーの中に入れていました。予習は絶対にやっていき、復習は最低2回やっていました。単語帳は全部覚える勢いで!

𠮷田 帆花

立命館大学 経営学部
𠮷田 帆花さん

(大津高校)

社会科学系近畿

2019年度入試合格者

守山校

河合塾マナビスに通って勉強の習慣がついた。集中して学習ができるようにもなった。周りの人たちが本当に熱心で自分も頑張ろうと何度も思ったし、良い刺激になった。テキストや講座も分かりやすく、アドバイザーの方々も分かるまで教えてくれて、自分のためになる学習だったと思う。部活動との両立は難しいけど、毎日少しでも学習する時間を作ってマナビスに通い、本当に良かったと思う。

川本 真由

立命館大学 情報理工学部
川本 真由さん

(守山高校)

医・理・工・農学系近畿

2019年度入試合格者

守山校

私が一番工夫してきたことはノートのまとめ方です。どれだけその日に理解しても数日経てば記憶は薄れてしまうので、なるべく大事だと思ったことはメモをし、黒板に書いてある通りに写すのではなく自分なりに読み返しやすいようにまとめていました。具体的には、数学や物理は1ページの半分に計算式を、もう半分には説明やメモを書いていました。あと、復習は受講した日に先生の講座を思い出しながらしていました。

河合 亮佑

立命館大学 政策学部
河合 亮佑さん

(草津東高校)

社会科学系近畿

2019年度入試合格者

守山校

僕は家で勉強する習慣がなかったので、河合塾マナビスに通ったことで自主的に勉強する習慣ができて、早い段階で受験を意識することができました。受講では、進められるものは早く終わらせました。特に英文法、公民はできるだけ回数を多くしました。学校では昼休みに友達と英単語などをよくしていました。過去問は、たくさんやるべきです。僕は模試ではそんなに伸びなかったけれど、過去問を20回近くしたので慣れることができました。

茂中 陽香瑠

大阪薬科大学 薬学部
茂中 陽香瑠さん

(守山高校)

薬学部・薬学科近畿

2019年度入試合格者

守山校

マナビスのテキストはすごくよくできていて、受講が終わった後でも、そのテキストを中心に勉強を進めていくことができたのがとてもよかったと思います。また、マナビスには同じ境遇の仲間たちがいます。その存在は私にとってとても刺激的で、苦しいことがあっても頑張ろうと思うことができました。マナビスの授業は繰り返し受けることができるので、何回も理解するまで受けることがよいと思います。

松岡 若奈

同志社女子大学 生活科学学部
松岡 若奈さん

(守山高校)

人文科学系近畿

2019年度入試合格者

守山校

守山校は、今まで通った塾の中でもいちばん、アドバイザーさんと話がしやすかったです。悩んだことがあればすぐに親身になって話を聞いてくれました。私がしんどい受験を乗り越えられたのは、アドバイザーさんや仲間が周りにいてくれたからです。講座も、自分に合わせて段階を踏んで学ぶことで、分からないままうやむやにしていたことも解決できました。

林 瑞希

関西外国語大学 外国語学部
林 瑞希さん

(草津東高校)

人文科学系近畿

2019年度入試合格者

守山校

河合塾マナビスに通って、自然と自習をする習慣がつきました。今までうろ覚えだったことが講座を受けたりアシスタントアドバイザーに聞いたりすることにより、はっきり分かるようになって学ぶことの楽しさを知りました。入試では世界史を使いませんでしたが、講座を受けて世界史の面白さを知り、大学では歴史と文化を専攻しようと思っています。学習法ではありませんが、友達と励ましあうことはやはり自分のいちばん大きな支えになりました!

田中 直輝

大阪工業大学 ロボティクス&デザイン工学部
田中 直輝さん

(草津東高校)

医・理・工・農学系近畿

2019年度入試合格者

守山校

河合塾マナビスで学べたことはかなり多く、どの講座もすべて甲乙つけがたいものでした。いちばん良い学習法は付箋を使って行う3回復習法です。やはり学習したものが1回で身につかないのが勉強の苦しいことだと思うので、何回も反復することが大切です。合格への近道は、「どれだけその大学へ行きたいのか」という気持ちも大切になってきます。それがいちばん大事。

黒川 響生

京都薬科大学 薬学部
黒川 響生さん

(守山高校)

薬学部・薬学科近畿

2019年度入試合格者

守山校

マナビスに通ってよかったと思うことは、自分の苦手分野や理解度に応じて、バラエティに富んだ講座の中から授業を選べる点です。僕は化学がとても苦手だったけれど、とても基本的な講座から受講することで理解を深めることができたので本当に良かったと思います。受験期を経て、復習を繰り返すことが力を伸ばすには一番の近道だと思いました。後輩たちにも、マナビスの講座で解いた問題を何度も解きなおしてほしいと思います。