お近くの校舎を探す

髙井 駿輔

北海道大学 総合教育部
髙井 駿輔さん

(東京農業大学第一高校)

関東・甲信越

2021年度入試合格者

経堂校

マナビスの授業では基礎的な部分や、事象の根本の理解を手助けいてくれるような内容の授業が多く、苦手科目が一気に得意科目となることがあります。また、授業前後の予復習は欠かさずやり、疑問点はアドバイザーに相談することで理解がしやすくなりました。僕は人に誇れる程の演習量をこなしてはいないですが、マナビスと学校の授業メインでここまで実力を伸ばすことができました。これから受験する人たちも、一回の授業を大切にしましょう。

江野本 諭吉

東京大学 教養学部
江野本 諭吉さん

(開成高校)

文・人文関東・甲信越

2020年度入試合格者

経堂校

家にいるかぎり、スマホ、睡眠などの誘惑は、絶えず注意していないと生活は自堕落なものとなりがちです。一方で、入試の期日は明確に決まっており、高校生活を謳歌できる時間も限られているので、時間を有効活用することは最重要の課題と言えます。そんな高校生にとってみれば常に「やるべき事」に向き合わせてくれるマナビスは理想の環境です。受験情報に精通した校舎スタッフの方々も非常に心強い存在でした。

遠藤小織

慶應義塾大学 文学部
遠藤小織さん

文・人文九州・沖縄

2020年度入試合格者

経堂校

マナビスに入会した高2生の10月時点では、基礎もかなり危うい状態でした。なのでまず学力の土台作りを徹底的に行いました。特に英語が苦手だったので、英文法・語法のテキストの問題を何度も繰り返して基本事項の定着に励みました。高3生の秋から本格的に志望校対策を始めてからも、単語や文法などを1日のノルマを決めたうえで受験直前までやり続けました。よって、私立の試験では文法問題を確実にこなし、得点源にできました。

塚田日南子

立教大学 観光学部
塚田日南子さん

(都立町田高校)

社会・国際関東・甲信越

2020年度入試合格者

経堂校

私は部活が忙しく集団の塾の授業を受けることが難しかったため高2生の3月までは塾に通っていませんでしたが、このままではまずいと思い高3生の春休みから入会しました。自分の予定に合わせることが出来るのがマナビスの大きな利点だと思います。引退後の長期休みは学校が自宅から遠かったため、開校している間は受講をしない日でもずっとマナビスにいました。とても集中できる環境だったので1年間勉強を続けることが出来ました。

新井麻帆

立教大学 現代心理学部
新井麻帆さん

(昇華学園高校)

文・人文関東・甲信越

2020年度入試合格者

経堂校

マナビスに通って一番良かったと思うことは、自分のペースで勉強できたことです。板書や講師の方の話をメモするのが間に合わなければ一度映像を止めたり、理解できなかったところは何度も繰り返して見ることでしっかり理解することが出来ました。暗記系のものは、一度覚えてもすぐに忘れてしまうことが多いので、忘れそうな頃に見直すことで、知識として定着させるということを心がけていました。

  • 2022春期特別無料講習_spエンド
  • 資料請求_spエンド
  • 校舎訪問申込_spエンド